マツダ車の査定が低いのはどうしてなのでしょうか? その理由としては、ディーラーでの値引き率が高いことが挙げられます。 マツダの値引き率は他社ディーラーと比べて高いので、中古車の価格を高く設定してしまうと、新車を買った方がいいということになって売れません。 買い取り業者も利益を確保しなくてはいけませんから、販売価格を抑えるためには査定を低くするしかありませんよね。 つまり、安く買える分、査定額も安くなってしまうというわけです。 一昔前には、ディーラーでの値引き率が高い代わりに下取りの価格も安いので、一度、マツダの車に乗ってしまうと、経済的な理由で他社の車に乗り換えができなくなるため、「マツダ地獄」なんていわれていたそうです。 また、品質が悪かった頃のマイナスイメージを払拭できていないというのも、査定が低い理由の一つでしょう。 デミオの人気グレードや走行距離が少ない状態の良い車であれば、高く査定してもらえることもありますが、あまり期待しない方がいいかもしれませんね。